ダージリンティーってどんな紅茶?

ダージリンティーに関するメリット

ダージリンティーに関するメリットのメインイメージ

ダージリンティーは世界三大紅茶とも言われ、標高2,000mの高地から急峻な谷底までの斜面に植えられる樹から採れる紅茶で寒暖差によって独特の味と香りが生まれます。

ダージリンティーってどんな紅茶?

紅茶にはいくつもの種類があります。
インドのダージリン地方で採れるダージリンは紅茶のことに詳しくない人でも知っているというほど、認知度の高い紅茶ですよね。

世界三大紅茶に入ると言われています。
この機会に美味しい紅茶を飲んでみませんか?【オススメ茶葉について:http://www.khora-tea.com/products/list.php?category_id=12

ダージリンティーは標高2,000mの高地から急峻な谷底までの斜面に植えられる樹から採れる葉です。
ダージリン地方にある東ヒマラヤ山麓はほとんどが茶樹となっています。

日中と夜間の寒暖差があるために霧が発生し、それによって独特の味と香りが生まれます。

ダージリンティーの生産期は3月から11月までで、採るシーズンによって、香りや味に違いがでてきます。

ファーストフラッシュ(春摘み)という一番摘みは3月から4月にかけてで、雨期が訪れた時に一斉に新芽がでてきます。

葉の緑は浅い色で水色は淡いオレンジ色になります。

淡白な印象がありますが、香味は強く、新鮮な味わいがあります。

ストレートに向いています。

ファーストフラッシュの収穫量は少ないために高値で取引されます。

セカンドフラッシュ(夏摘み)の二番摘みは、5月から6月で葉は少ししっかりして、加工された後は茶褐色となります。

水色は明るくファーストフラッシュよりも濃いめのオレンジ色でやや渋みがあります。

マスカットフレーバーと呼ばれる香りは特別に良いものです。

香味やコクは一年の中でも最も充実している茶葉で最高級品となります。

オータムナルの秋摘みは10月から11月で、乾燥期には茶葉の厚みも増してしっかりとしてきます。

水色は赤みがかったオレンジ色で渋みがあります。

ミルクティなどに向いています。